スポンサーサイト

  • 2008.04.01 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


人生は出会った人で決まる―夢を持ち行動すれば、人がチャンスを運んでくれる

「自分がこの世に生まれてきたのには、何か理由があるはずだ。
 何か自分のミッション(使命)があるはずだ」と一度考えてみることは、絶対に必要なことだと思います。

(堀貞一郎著:人生は出会った人で決まる)

これは鷏オリエンタルランド顧問堀貞一郎氏の言葉。
堀貞一郎氏はディズニーランドを東京への誘致を成功させた名プロデューサーであり、周知の通り東京ディズニーランドは現在もその集客動員数が世界トップを維持している。この成功は堀貞一郎氏の功績なしには語られるものではない。

何か自分のミッションがあるはずだ。この言葉は強く胸に響きます。堀貞一郎氏のことをもっと深く掘り下げて、自分も意識していきたいと感じます。

ヘンリック・イプセン - ペール・ギュント

ヘンリック・イプセンが1867年に作った戯曲「ペール・ギュント」。
タイトルは知らなくても誰もが聞いたことのあるクラシックです。

僕は毎朝これを目覚ましにして起床します。
あと、イライラしたときはこれをずーっとリピート再生しています。

free music

「30代や40代のアーティストが斬新なものを生み出して社会に貢献できることはめったにない」

これはアップルコンピュータCEOのスティーブジョブズの言葉。

「30代や40代のアーティストが斬新なものを生み出して社会に貢献できることはめったにない」

社会的には25歳を過ぎた頃になると、年ということだけでクリエイターとして認められない傾向にあると感じる。たくさんのしがらみもあれば、自分の立場を守るために保守的になる傾向になるからだ。これが一般的に年を取っていくことだと思う。

でも、目的と努力があればどんな年になっても絶対に達成できることがあるはずだと思う。なぜなら、スティーブジョブズはその一人だからだ。

The Cinematic Orchestra - Man with a Movie Camera

評価:
The Cinematic Orchestra
Ninja Tune
¥ 1,462
(2003-06-03)
全曲が映画のシーンで使われそうな、情緒的な作品です。
1929年のロシアの無声映画『Man With a Movie Camera』という映画のさんとららしいです。
映画のシーンを彷彿とさせる情緒的な曲があったと思えば、一見ジャズに聞こえる曲もあります。しかし、いろいろなところでエレクトロニクスの要素を加えてあり、かっこいいクラブサウンドに仕上がっているものもあり、かなり前衛的なアルバムだと思います。
ジャズという形にとらわれず聞くことができるので、全ての人にお勧めです。

The Cinematic Orchestra -Theme Reprise
free music

Run into Flowers

評価:
M83
Mute U.S.
¥ 487
(2004-06-29)
ノイズの波に飲み込まれたいときに、この曲はおすすめです。
このM83に関する詳細はあまり知らりませんが、音を聞く限りではエレクトロニックおたくみたいなイメージがします。
必要以上にメロディアス、必要以上にドラマチック、タイトルの「Run into Flowers」からもわかるように、この音の向こうに美しい世界が見えるようです。
一度飛び込んでませんか?美しい花の世界が広がりますよ。

free music

Feist - The Reminder

評価:
Feist
Universal
¥ 1,282
(2007-05-01)
穏やかな曲から、ロック、ジャズ、ソウルなど様々な音楽の要素が取り入れられているアルバム。だけどそれだけで終わらない新しい音がファイストのメローな声に混じり、心地よく全ての曲に刻まれていきます。

まったり聞くもよし、気合いを入れて聞くもよし、両方を兼ね備えた古き良き、新しき作品だと思います。

free music


「前例のない新しいことを始めるときには、人の話を聞いても仕方がないということです。」

「前例のない新しいことを始めるときには、人の話を聞いても仕方がないということです。」

セブンアンドアイホールディングス会長鈴木敏文氏の言葉。

前例のないアイデアには反対もつきもの。それでも確固たる自信を持って挑めば必ず報われるはずだ。

ガラス越しにさよならを 第3話 ―出会い その2―

僕は北海道に来て以来、親しい同僚である山根の住むマンションに足を運んだ。
「また家の親が荷物を送って来てくれたから、一緒に食べよう。」
彼は、僕の地元のうどんがとても気に入ったようだったので、荷物を送ってくれる際にはそのうどんを送ってくれるよう親に頼み、届いたときにはいつも一緒に食べていた。
「上田君の親は優しいなぁ。俺の親なんて連絡の一つもないぞ。いつもありがとな。」
そういうと隣の部屋から電熱線のコンロと鍋を持って来て、うどんを作り始めた。

山根の焼酎に僕は軽くつきあいながら、うどんを食べ終えた後もずっと喋っていた。そして彼が酔っぱらってきたことを確認し、僕はカラオケを口実にスナックへ行こうと誘った。
「いいよ、暇だし。行こうか。お前が運転な。」
僕は典子さんに出会って以来、彼女の働くスナックへ行く機会を作ろうとしていた。まぁ、一人で行くのもいいんだが、ウーロン茶だけでは格好がつかないし、まだ店にも馴染んでいない。久しぶりに典子さんに会えるといういことで、僕は少し気を引き締めた。
そして、少し慣れて来た雪道の運転をいつもより慎重に僕は山根と共に典子さんの働くスナックへと向かった。

バタフライ・エフェクト2 デラックス版

評価:
ダスティン・ミリガン,ジーナ・ホールデン,エリカ・デュランス,エリック・ライヴリー,ジョン・R・レオネッティ
ジェネオン エンタテインメント
¥ 3,063
(2008-02-22)
1作目はもっと面白かったよなぁ、、、
ラストももっと気持ちいい終わりだったよなぁ、、、
出演者ももっと人間的で、かっこよかったなぁ、、、

よし、また1作目を見直そう!

と、いう役割は十分果たしてると思います。

Exhausted - Foo Fighters

Foo Fightersのファーストアルバム「Foo Fighters」に収録されている最後のトラック。
今でこそ、アメリカを代表するバンドに成長したFoo Fightersだけど、僕は基本的に初期の作品が好きです。シンプルだけど力強い、うねったギターがかっこいい。Nirvana時代から才能があったんですねぇ。
でも、Nirvanaのカートがこれを聞いたらどう思うだろう。

free music

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM